So-net無料ブログ作成

森高千里17才 youtube [森高千里]


森高千里17才


アイドル歌手・元は南沙織の歌手デビュー曲である。デビューへ向けたプロジェクトの中で南と

作曲者の筒美京平が初めて顔を合わせた際

、筒美から「何が歌えるの?」と聞かれた南が、リン・アンダーソン(Lynn Andersonの「ローズ・ガーデン(Rose Garden)」だけ歌える、と答え、

これが元になって筒美は「17才」を書いたという

デビュー曲ながら、本楽曲はオリコンの上位にランクインするヒットとなった。また、

この曲のヒットは、歌い手と同世代のファンが感情移入できる、

新しいタイプのアイドル・ポップス誕生の瞬間であったと語られることがある

いわゆる "女性ヤングアイドル"

の基礎を築いたのが南沙織や小柳ルミ子・天地真理であった。



森高千里の7枚目のシングル「17才南沙織のデビュー曲「17才」のカヴァーです。

1989年5月25日、デビュー2年目の森高千里が7枚目のシングルとして発表(CDコードは09L3-4084)。

原曲をユーロビート調に変えて忠実に再現しており、自身初のオリコンシングルチャート最高8位に入って大ヒット曲となり、

『ザ・ベストテン』や『ザ・トップテン』などの音楽番組にも出演した。

森高のライヴでも定番であった。カーネーション・ヴァージョンやオレンジ・ミックスなど別ヴァージョンあり。


17才
作詞:有馬三恵子、作曲:筒美京平、編曲:斉藤英夫


Wikipedia参照より












nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

乃木坂46制服のマネキン [乃木坂46]

乃木坂46制服のマネキン

制服のマネキン 乃木坂46

乃木坂46「制服のマネキン」、日本の女性アイドルグループ乃木坂46の曲。楽曲は秋元康が作詞、

杉山勝彦が作曲した。2012年12月19日に乃木坂46の4作目のシングルとしてN46Div.から発売された

曲のセンターポジションは生駒里奈が務めた

「制服のマネキン」は、アイドルソングとして異端的なアプローチが採用され、

1990年代のユーロビート的な四つ打ちサウンドとマイナーキーを多用したメロディーに6度音程内の狭い音域でサビが歌われ

、それまでの「ぐるぐるカーテン」や「おいでシャンプー」などのフレンチ・ポップスを基盤とした楽曲を一変させ、

乃木坂46の新しいイメージを打ち出した[13]。ただし、杉山勝彦によれば「制服のマネキン」は

、それまでの乃木坂46とは異なる曲調にするという発注を事前に受けていたのではなく

、チャレンジとして杉山勝彦が提出した[14]。杉山勝彦が6時間ほどで完成させたデモテープは男性が歌っていた



。サビの音域が狭いのは音程よりもリズムを重視した結果である

「制服のマネキン」は、それを受け取った秋元康が乃木坂46の4thシングルのタイミングで発表する

という想像力を働かせて決断したことによって発売にいたった

歌詞は「恋をするのはいけないことか?」「大人に邪魔をさせない」「感情を隠したら 制服を着たマネキンだ」

というこれまでの乃木坂46を自己否定するようなメッセージが登場し

、欅坂46「サイレントマジョリティー」の原型ともなっている

「ボールを打った金属音」が黙り込んだ主人公のところへ飛んでくることによって、

「僕」と「君」の間に答えを見いだそうとするやりとりが始まる



乃木坂46制服のマネキンは2012年12月31日付のオリコン週間CDシングルランキングで初登場1位を獲得した[21]。

同週間ランキングにおける乃木坂46のシングルの1位獲得は「おいでシャンプー」から3作連続となり

、デビュー年に3作のシングルですべて1位を獲得したのはKAT-TUN(2006年デビュー)

以来6年ぶりである女性アーティスト(グループからのソロ・派生ユニットを除く)

としては1975年デビューの岩崎宏美、2011年デビューのNMB48などによる2作連続1位が最高記録だったが

乃木坂46は3作連続1位となり、日本歌謡界初の記録を達成した[21]。初週売上は23万2961枚を記録し

乃木坂46のシングルとして初の初週売上20万枚を突破した

ミュージック・ビデオ[編集]

Wikipedia参照

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽