So-net無料ブログ作成
ザビートルズ ブログトップ

THE BEATLES She Loves You ザビートルズ シー・ラヴズ・ユー [ザビートルズ]

THE BEATLES She Loves You

ビートルズが発表した4枚目のオリジナル・シングル「シー・ラヴズ・ユー」("She Loves You")は、1963年8月に発売

発表した4枚目のオリジナル・シングル曲である。

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では64位にランクされている

。2005年にイギリスの音楽雑誌「アンカット」が企画した

「世界を変えた曲、映画、テレビドラマ」を選ぶ特集では3位となった。





「プリーズ・プリーズ・ミー」や「抱きしめたい」などとともに、世界的に彼らの人気を不動のものにしたヒット曲であり

、一般的な「初期のビートルズの音楽的イメージは、この曲にある」と断言してもいいほどの作品との評価もあるぐらいだ。

映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」の劇中コンサートのラスト・ソングだったことも大きな印象を与えたものだ。

プロデューサーであるジョージ・マーティンのアイデアで、

曲の冒頭リンゴによるドラムのフィルインに続きすぐにサビの部分から曲が始まる、

当時としては斬新な構成の曲である。また、ハイハットの代わりにバスタムを使用して迫力を出す

、エンディングに6thコードを使うものは当時イギリスでは下品とされた "yeah" を連呼する歌詞等、

いろいろな工夫の跡がある。





YouTube トレンドマーケティング

レノン=マッカートニーの作品。ヴォーカルはジョン・レノンとポール・マッカートニー。

二部コーラスになる部分では、ジョンが下のパートを、ポールが上のパートを担当している。フレーズの繰り返し部分と

"She loves you Yeah Yeah Yeah" の部分のみジョージが加わる

(ライヴでは、この部分でポールの左利き用ベースとジョージのギターが対に向き合い、

"Woo!" で首を振り長髪を振り乱す。これは「ツイスト・アンド・シャウト」と同じ演出である)

。エンディングの "Yeah" のバックではG6コードが使われている。



Wikipedia参照より




































nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ザビートルズ ブログトップ